« ニイニイゼミ | トップページ | カブトムシ »

ノコギリクワガタ

オスは体格による個体変異があり、大型個体では大きく屈曲した長い大顎を持つが、中型個体では大顎がゆるやかな湾曲となり、小型個体では大顎が直線的になり、内歯は均一なノコギリ状となる。
オイラが小学生のころは小型、中型が珍しかったが、最近見かけるものは小型から中型個体が多く観られる。


20130713_p1090339_1


« ニイニイゼミ | トップページ | カブトムシ »

近所で見かける生き物たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニイニイゼミ | トップページ | カブトムシ »